WORK@SFCG  - SFCG(商工ファンド)で働く -

本文へジャンプ


就職・転職の参考のためにSFCG(旧:商工ファンド)の内情を公開します。

SFCGの劣悪な労働環境に耐えるには、国籍や過去の経歴等の"他に選択肢が無い"という理由が必要です。あなたが普通の日本人ならこの企業の犠牲になる理由はありません。あなたの将来のため、社会のために他の選択肢を探しましょう。




社員待遇

勤務時間:  8:00〜23:00が「標準」。終電を逃すケースも多々あり、というか月末はそれが普通。
土曜はほぼ全出勤 祝日も出勤多し 
残業(無給)は月150〜200hを覚悟すべし。
勤務条件: 短期間で全国に転勤あり 年に2回転勤くらいは普通。転勤後の家賃負担は半額程度。交通費の支給も年々渋くなってきている。昇格降格が激しく、思いつきによる配置転換・理不尽な解雇多し。労働組合なし
給料等: 給料は上場企業としては並かそれ以下 最近は悪化の一途。営業数字をコンスタントに上げないと人並みの収入は無理。ノルマ未達成の場合人頭税と呼ばれる逆手当てが給与より天引きされる。(注1)
有給・長期休暇等は論外、
残業代は無支給。年俸制を理由にボーナスも基本ゼロ
離職率: 一年以内に半数以上が退職し、5年続く人は数パーセント程度。若くないと体力的に無理、社長以外は全て奴隷待遇
業務内容: テレアポ中心の軍隊営業 営業数字のいかない者は人間扱いされず、上司のきつい詰めが待っている 営業以外も普通の会社よりはるかにハード 本社は社長の気まぐれに振り回されて精神消耗する。
その他: 入社時の身元保証人に対し「連帯保証」を求めます。(注2)
102社コンツェルン構想・社内MBA等、かっこいいフレーズはほとんど実態のないハッタリ。人事は平気で嘘を言うので注意。労基法で定められている就業規則の社員への公開さえ行っていない。


注1)人頭税:俗にいうノルマのこと。
社員の予算必達は当然のコトであるという発想と、国民の義務である納税にちなんで命名。ノルマ未達者は”非国民”とか、”戦犯”と罵られ、 罰として 給料が5000円〜10000円単位で下げられていく。

注2)金融庁サイト:資料6−1−3
ある支店長が貸し倒れ予測を報告した事に対し、支店長の身元保証人である親と叔父の不動産に仮差押を設定し、店長と親に公正証書を作らせ給与から損害分を支払わせた。その後、支店長を退職に追い込み親の自宅を競売にかけ、支店長の新しい勤務先の給与を差し押さえた。



SFCGへの就職は、将来に役立つスキルは全く身につかず履歴書の汚点となるだけ。

具体的な仕事内容についてはこちらを参照してください。

ちなみに営業部署は50の子会社に分社されましたので、「一部上場」の名に釣られて入社しても、実際の所属は各県の中小企業の社員になります。分社の目的についてはきれい事は言われていますが、「いつも違法すれすれの業務であり、また全社一斉営業停止をくらう可能性があるのでそれを回避する」、「102社コンツェルン構想(笑)の数合わせのため」というのが関係者の見方です。


                  後悔先に立たず… 就職先は慎重の選びましょう。
            



   Copyright (C) 2005 WORK@SFCG. All Rights Reserved.