WORK@SFCG  - SFCG(商工ファンド)で働く -

本文へジャンプ


就職・転職の参考のためにSFCG(旧:商工ファンド)の内情を公開します。

SFCGの劣悪な労働環境に耐えるには、国籍や過去の経歴等の"他に選択肢が無い"という理由が必要です。あなたが普通の日本人ならこの企業の犠牲になる理由はありません。あなたの将来のため、社会のために他の選択肢を探しましょう。




連帯保証人

連帯保証人になると言うことは、金銭の借り入れや建物の賃貸を全くしていないにも関わらず、主契約者と全く同じ義務を負うことを意味します。

民法454条によると、「連帯保証人には、催告の抗弁権と検索の抗弁権はなく、債務者と全く同じ義務を負う」とあります。 これはどういう事かと言うと、貸主は金銭の返還や利息の支払いの請求を借主にしても連帯保証人にしてもかまわないと言うことになります。また、連帯保証人には「借主に先に請求しろ!」という主張をすることも認められません。連帯保証人とは、金銭貸借等のメリットは全く追わず、返済の義務のみ負ってしまうおそろしい制度なのです

また多くの場合、SFCGの契約において連帯保証人の保証額は本人の知らない間に増えて行きます。これは、例えば100万円の借り入れの際でもSFCGが連帯保証する金額をその連帯保証人が保証できるマックスの金額で契約書を作成するためです。借主はこの連帯保証限度額の中で借り入れを増やしていくという事が日常的に行われています。

更に恐ろしいことに、SFCGの金銭貸借の契約書には白紙の公正証書が含まれており、SFCGの営業担当からそれらの書類が何か、どのような場合にどんな使われ方をするのかといった説明もないままに保証人も署名捺印を求められます。そして後日、主契約者である借主が返済不能に陥った場合、いよいよこの公正証書の出番です。連帯保証人の署名捺印のみが入った公正証書に連帯保証人の給与や不動産の差し押さえに必要な内容を記載し、SFCGの法を逆手に取った回収劇が始まるのです。連帯保証人が弁護士に示談を委任した途端に連帯保証人の給料差押えを行ったという事例も報告されています。



SFCGの連帯保証人になるくらいなら、自分がその依頼主に直接資金を貸すほうがはるかにましでしょう。




                     


   Copyright (C) 2005 WORK@SFCG. All Rights Reserved.